ポジティブ雄(お)の

梶村俊明です。

俺がいつも
元気一杯なんは

ほぼ毎日
体を動かしている
からやと思う

今回は
空手と運動について
書く

俺は空手を12歳からやっていて
今年で35年になる

俺がやっている空手は

松濤館といって
日本本土に入ってきた
最初の空手や

今は多数の協会に分かれて
しまっているが

俺の師範である
雑賀隆之師範は
松濤館の開祖である
船越義珍師範の直弟子で
関西松濤館を設立した
堀十三男師範の直弟子にあたる
正式な3代目の師範である

雑賀師範が協会等に属していないし
本当の歴史を知っている人が
みんな死んでいるため

俺たちの立ち位置は
空手業界の世界にない

長年空手をやって
分かった事は

ただ単に強くなる事や
他人と比べてするものではなく

自分自身と向き合い

精神的・肉体的に
鍛える事やと分かった

普通のスポーツや他の武道は
「礼から始まり、礼に終わり」
という言葉を使うが

空手は
飽くなき自己を求めていくので
「礼に始まり、終わりはない」

スポーツ選手は
よく体を壊すが

空手は健康法でもあるので
練習をして体を壊すのは
練習方法が間違っているか
基本に忠実でない事が分かる

俺がよく分からん事の1つで

体を鍛えている人が
体を壊す事や

それは精神と肉体との
バランスが崩れているか

練習等が間違っているか

自分の体の限界を知らないで
無理をし過ぎて
壊れていると思う

体を鍛えているつもりで
壊していたら
本末転倒で
何をやっているか分からん

空手以外でも
スポーツジムにいき
有酸素運動と筋トレを
やっているが
基本、空手の為にやっている

俺のトレーニング方法は、

俺が考えた
10トン トレーニングといって
1日1か所、
体の1部位を鍛える
やり方で

10トン以上の負荷に
なるようにしてる

胸を鍛えるとしたら
50キロのバーベルでやるやら
200回するという事

因みに
胸をやる時は
50キロ×100回
70キロ×200回
位している

普通に鍛えている人が
50キロ10回3セットとか
している

そら
俺の方がやっているから
体は大きし
自信もあるで~

俺の体のもう一つの自慢は
一切プロテインを
飲んでいない事や

食事だけで
この体は大したものやと
自他共に認めている

俺が仮に
プロテインを飲んでいたら
今頃、豆タンクみたいに
なっていたと思う

運動のいい所は

運動している時は
考え事が出来ないから

いらん事考えんで済むし
ストレスの発散になる

汗をかいたら
体のデトックスにもなる

プラス

健康にもなって
病気の予防にもなる

それに
ご飯も美味しいし
よく眠れる

いい事しかないやん

ってその通りやで

大人になったら
時間を作って運動をしな
中々できへんから
みんな運動不足になるけど

自分の為に

是非

時間を確保して
運動して頂戴

健康が一番の財産やで~