元祖イク(育)メンの

梶村俊明です

今回は
育児ノイローゼについて書く

俺が知る限り
育児をした事がある母親で
殆どの人が大きさの違いはあるが
育児ノイローゼになった事がある

育児ノイローゼを
経験した事がないという人は
ホンマに子供に対して
無条件の愛情で接していて
何でも許す心の大きな人か
全くの無関心な人やと思う

真剣に育児をすればするだけ
育児ノイローゼになるのとちゃうかな

真面目な人
完璧主義な人
潔癖な人
頑張り屋な人
厳しく育てられた人

こんな人たちも
なりやすいと思うで

赤ちゃんに対して
「なんで泣くの?」と
なってしまう事があるかもしれんが

赤ちゃんは
言葉を喋られないから
「お腹減った」
「おしっこ出た」
「眠たい」
「お母さん」
「遊んで」
「さみしい」
とか色々な意味で泣く

それを大人が汲み取ってあげたら
子供は泣き止む

世の中の全ての母親に
男はもっと敬意を表し
育児の大切さを分からなアカン

赤ちゃんの時の
2時間おきのおっぱいは
ホンマに疲れると思うし
まともに寝れないもんね

俺も長男が自宅に帰ってきて
一晩でギブアップしたもん

男と女の違いで
女は強いと思ったで
男は2時間おきのミルクは無理やわ
起きている時間だけでもシンドイのに
夜中も関係なしでの世話は凄い

俺の考える育児の基本は
自分一人でやろうとしない事やで
1人で抱えすぎ、やり過ぎで疲れて
ノイローゼになってしまっている

もっともっと人に頼ればええねん

子育てで
「3歳までは自分で育てないと」
「幼稚園までは自分が育てないと」
「小学生になるまでは自分で育てないと」
「小学生までは家に居といてあげないと」
と言っている母親をみるが

俺は生まれて直ぐに保育所に入って
俺のお兄ちゃんも保育所で過ごした

うちの長男は生後半年経つ前から
次男にいたっては生後3か月から
保育所に入った

俺もお兄ちゃんも子供達も
親の愛情が足らないと思ったことがないし
そもそも
幼少の記憶というものが実に曖昧で
自分の記憶か人から聞いた記憶か
ごちゃ混ぜになっている

保育所に預けたから
人に育児をやって貰ったから
と言って自分を責めないでええで

はっきり言って
子供は覚えてません

ずっと一緒に居てるから
愛情が大きいのではないやん

一緒に居てる時間が短かっても
関係ないねん
その時間で思いっきり
愛情を注げばええねん

仮に
自分が幼少の時に親が傍に居てなく
寂しい思いをしたから
自分の子供は同じ思いをさせたくない
と思うかもしれんが

自分と子供が全く同じ
状況にはならんと思うし
なったとしても
子供が自分と同じ考えになるとも限らん

自分の考えにエゴが入っているかもやで

 

次回につづく