元祖イク(育)メンの

梶村俊明です

前回の続きを書く

うちの夫婦は共働き(一時俺プータロー)
やったから
ずっと子供と一緒じゃなかった

そやから
うちの嫁も子供の幼少時に
育児ノイローゼにならなかったと思う

後は
俺は元祖イクメンとして
楽しみながら積極的に育児をして
嫁の負担を和らげたと思う

育児時間が長ければ長いだけ
1人だけで接している時間が長いだけ
育児ノイローゼになる確率は高くなると思う

身近な人から育児を手伝って貰えばええし
男はもっと参加しなアカン

「旦那が育児を手伝わない」
と嘆いている人に言いたい

「育児を手伝わない」か
「育児を手伝わさせてない」か
どっちになっているか確認して

「手伝わない」は
旦那が自ら動く事で
「手伝わさせていない」は
嫁が旦那を動かしていない
という事

自ら動く旦那なら
とうに手伝っているやん

手伝っていない状況があるなら
そこからの発展は
嫁が旦那を動かさなアカンねん

動かないのを待っていても動かんで

主体性を旦那にするか自分にするかを
決めなアカン

男も手伝いたいけど
どうしたらいいか分からない
分からないからやらない
になっている事もあるで

動かない旦那が悪いのではなく
動かさていない自分が悪いと考えて

どうやったら
気持ちよく動くかを考えて
自分の思い通りに動かしたらええねん
それで
自分の育児を少しでも楽にして

男は単純やから
褒めて煽ててやったらええねん

「〇〇のお父さんはやっている」
「あんたも手伝ってや~」
とかの言葉は逆効果になるから注意してね

俺は娘が居てないから経験がないが
娘を持っている人の方が
育児ノイローゼの確立が高いみたい

子供は一番傍に居てる人
一緒に時間を過ごしている人に
なつく事は変わりないが

男の子はマザコンで
オカンの言うことを聞こうとする

女の子は子供であっても
女の意識(女性本能)が強くでる

女の子は
言っていい事と悪い事の区別もつかないし
一緒に居てて母親をよく見ているプラス
自分の分身みたいなものなので
的を得た事を言ってくる

言葉を覚えてくればくるほど
母親に対して女の意見を言ってくる

それを聞いた母親が
母親も女なので
子供の意見ととらずにぶつかってしまって
本気になって子供を怒ってしまい
育児ノイローゼに発展する

所詮は何も分かっていない
子供の戯言だと
上からの立場でみとけば
その問題は無くなる

喧嘩する、対立するは
同じ立ち位置でしか起こらないから
子供と一緒の立ち位置はやめて頂戴

 

次回につづく