恋愛マスター
モテ モテ雄(お)の

梶村俊明です。

残念な女達のパターン4

☆世界の不幸を一身にせよっている女
※悲劇のヒロイン

世の女で多いのが人と比べて
自分の価値を下げまくったり
出来ない私を責めて
なんで私は出来ないの
出来ない私は許せない等
自分に厳しすぎて
自分を世界一不幸にしている人が居てる

ホンマは
誰かて自分の価値を下げなくていいなら
下げたくはないと思う
けど
ついつい自分を下げてしまうのはなんでか

それは
自己価値を下げないといけない事が
いままでの人生で何回かあって
その度に
自己価値を下げ続けてきた
結果
自己肯定できず
自己否定の癖が付いてしまった

何かに躓いたり
何かの壁にぶつかったり
解決できないところで停滞して
その場をくるくる回り続けたりして
自分の思い通りに行かなかった時
全ての原因は
自分のせいで
自己否定してしまった

自己肯定が出来ない人は
自己のいい所は受入れられないのに
自分の悪い所は受入れて
受入れている自分に酔って
切ない自分に浸ってしまっている

悪い所を受入れる事が
出来るということは
いいことも受入れる事が
できるということやと
気づけたら
自己肯定も出来るようになる

自分のいい所も悪い所も
全部受入れて

否定せずに肯定して
悪い所の見方を変えて
その意味がなんであるかを考えたらええ

世の中に人が自分しか居なかったら
誰かと比べることが出来ないし
誰かより劣っているとかもない

人間誰かて
いい所と悪い所があるし
全部いい完璧な人も居てないし
全部悪い最悪な人も居てない

長所と短所が一緒のように
いい所と悪い所も一緒やで

どの角度からみて
いい所か悪い所かの違い

自分では悪い所と思っている事が
他人からしたらいい所に
なっている事もあるやん

次回につづく