動くパワースポット
愛の伝道師の

梶村俊明です

コロナ問題
パート3

コロナの発生は去年の11月中国で
日本の発症時期は2月頃

今年のインフルエンザ数が少ないのは
コロナのウイルスが発生したから
ウイルスは共存できなく
コロナウイルスが体内にあると
インフルエンザウイルスは入ってこない
マスクと手洗いが
インフルエンザを抑えたのは違うし
マスクと手洗いが
始まったのは3月中からで
毎年のインフルエンザは1月2月に爆発している

PCR検査の精度は7割
下手したら
検査キッドが粗悪品で
世界から返品された
中国製ともいわれている
※これはマスクが不足して
その後に高額になったマスクと同じで
中国が規制を掛けて値段をあげたのと一緒
世界に撒いて返品されたマスク

PCR検査の陽性率
コロナの場合
陽性反応の無症状が4割
無症状とは、書いての通りで
風邪に例えたら
喉が痛くない、鼻水が出ない、熱が無いのに
風邪をひいていると言っている事
そんな人が病院に行くのか
その人は病気か
アホ過ぎる

PCR陽性者を感染者にしている
100人の陽性者が居たとしたら
精度7割で無症状者が4割居てるから
100×0.7×0.6=42人が本当の感染者となる

感染者とは本来
コロナウィルスが体の細胞に
侵入した事を言う
その前に、殆どのウイルスが
自然免疫で処理されてしまう
更に「感染」しても
普通はT細胞が細胞ごと破壊する。
だから、ここまで「曝露者」と「感染者」の
98%が「自然免疫」で片付いてしまう。

次回につづく